人間が自分の髪の毛ではないもの「ウィッグ」による、ヘアスタイルを作り出したのは古く、西洋では、かつらを使ったファッションが中世から始まっていました。
また、日本では、自分以外の髪の毛で作ったヘアスタイルを長年「かつら」と呼んできましたが、近年ではウィッグと呼ぶようになってきました。このウィッグが現在では主流となっています。

基本的に、かつらとウィッグの違いはありませんが、かつらは頭髪全体を占めるという使われ方に対して、ウィッグは頭髪の一部、例えば前髪だけの使われ方にもウィッグと呼ばれています。
この事から、かつらよりもウィッグのほうが身近なファッション等に浸透しており、それはたんなる装飾品ではなく、日常生活を円滑に送る道具としても機能しています。
そのことに関して、私の知っている範囲で情報を教えていこうかと思っています。また、ウィッグは、かなり多くの種類があり、その使われ方としても、様々なものが存在しています。
なので、このサイトから、ウィッグのことに関して、少しでも理解を深めていってくれたらと感じています。ウィッグはオシャレにも利用でき、それ以外にも多くの可能性を秘めているので、知っていってほしいです。

イチ押しリンク

Comments are closed.

  • menu

  • archive

  • category

  • calendar

    2014年8月
         
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031